厚生労働省指定臨床研修施設(単独型・管理型)“研修医募集”

もっと輝く笑顔に 自費治療

痛くない怖くない治療 歯の健康をサポート 小児歯科 予防歯科

配慮や工夫のある治療を 障害者歯科

在宅で安心して 訪問治療

New Staff 新規スタッフ募集

託児について

初診の方へ

ひまわりブログ

食を楽しみたい!食楽隊

医療法人 湧泉会 ひまわり歯科

〒736-0064 広島県安芸郡海田町昭和中町2-38
TEL 082-820-0800  FAX 082-820-0801
http://www.himawari-sika.com/

  • 医院紹介
  • 院長メッセージ
  • about us
  • イベント情報
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • 診療項目
  • 患者さまの声

もっと輝く笑顔に 自費治療

あらゆる面で格段に優れた材料・方法を用いた最高の治療を選択できます

自費治療とは、健康保険の対象にならない、全額自己負担で行う治療のことです。

健康保険でも、むし歯や歯周病で失われた歯の機能を補うことはできますが、使える材料や方法が限定されており、「元の歯と同じように白い歯にしたい」「何度も治療しなくて済むように耐久性のあるものが良い」「自然な噛み心地の歯がほしい」といったご要望を十分にカバーできない場合があります。

自費治療では、健康保険の範囲に縛られず、患者様のQOL(生活の質)を高めるための優れた治療法を選択することができます。

インプラント

人生の中で、むし歯や歯周病または事故など、何らかの理由で歯を失ってしまうトラブルに見舞われることがあります。歯を失うという事は歯冠(歯ぐきより上の部分)だけでなく咬む力を支える歯根までも失ってしまっているのです。

だから歯を失ってしまったら、それがたとえたった1本の歯であっても、咬む力や見た目において不都合を感じてしまうことになります。
失った歯の修復法として、従来はブリッジや部分入れ歯・総入れ歯が利用されてきました。

しかしこれらの治療法は隣の健康な歯までも削る必要があったり、残っている自分の歯に負担がかかりすぎてしまい、結局残っている歯の寿命を縮めてしまいます。
それでももとあった自分の歯よりも違和感が大きく咬む力も十分回復しきれないといった問題点がありました。

また、従来の治療法では失われた歯根までも回復させるすべはなく、歯がなくなってしまったことで咬む刺激が加わらなくなってしまった部分の骨は年月とともに萎縮してしまいます。
長く使っていた入れ歯が次第にあわなくなってしまうのは、こうした骨の萎縮により入れ歯が安定しなくなる為です。

歯の失われた部分のあごの骨のなかに、人工的な歯根(チタン製のスクリュー)を埋め込み、その上に人工の歯冠または入れ歯を取り付ける治療法です。
構造的に天然の歯に近く、咬む機能と見た目の回復がもっともすぐれています。

1、2時間の簡単な手術が必要になりますが、口の中だけの局所麻酔(むし歯の治療や抜歯の時と同じ麻酔注射です)をしてインプラントをいれますので手術中の痛みを感じることはありませし、術後の痛みも抜歯の時と同じ程度です。
手術は外来でできますので入院の必要もありません。インプラント治療により、失った歯がよみがえったかのような感覚でお食事や会話ができるようになります。

● 当院が取り扱っている
  インプラントブランドについて

ストローマンは、スイスのバーゼルを本拠地とし、インプラント歯科学、修復歯科学、口腔組織再生の領域のグローバルリーダーです。

世界で1,400万本以上のストローマンインプラントが患者さんの治療に使用されています。ストローマン製品の高い品質と信頼性は、長期治療成績によって裏付けられており、世界で信頼されるインプラントブランドです。

治療の流れ
photo
1.インプラント治療のご提案
メリット・デメリット・治療計画の説明、概算費用の見積もり
photo
2.インプラント埋入前の処置
歯周治療・むし歯治療を行い、口腔内環境を整えます
3.審査・診断
インプラントを埋め込む予定部位の骨の質や形態を調べるための CT撮影やレントゲン撮影を行います。必要な方には全身疾患の検査も行います。
4.最終ご提案
診断した結果をもとに手術の詳しい説明と最終見積もりをご提示し、ご納得いただければ患者様の同意を頂きます。
5.手術
局所麻酔にてインプラント体を埋め込む手術をおこないます。完全滅菌した器具を使用しますので、感染対策は万全です。安心して手術をお受けいただけます。
6.インプラントと骨が結合するのを待つ
手術のあとインプラント体と周囲の骨が結合するのを待ちます。この間必要な方には仮の歯を入れることもできます。 (患者様によって状態が異なりますので、ご相談ください)
photo
7.歯の装着
インプラント体と周囲の骨が結合したら、インプラントの上部構造(かぶせ)を装着します。これで歯のないところでも、元あった歯と同じような感覚でお食事していただくことができます。
photo
8.メインテナンス
1年に数回のペースでインプラント周囲の清掃状態や咬合状態をチェックし、クリーニングを行います。せっかくインプラント治療をしても、適切なケアを怠ると、またダメになってしまいます。メインテナンスは必ず受けてください。
ITI Straumann
photo

一言にインプラントと言っても、実に多種多様なメーカーが存在します。ひまわり歯科では「ITI Straumann」のインプラントを採用しております。

International Team for oral Implantlogy(口腔インプラント学のための国際チーム)の略称です。ITIは生体工学、物理学、化学、外科、歯科等の専門メンバーによって構成された口腔内インプラント学の国際的研究チームです。ITIは骨整形外科分野で40年余りの実績を持つスイスのストローマン(Straumann)研究所と共同開発を行い、テスト、臨床研究を通じてITIインプラントを開発しております。

ITIインプラントは厳しい品質管理の下で研究・開発・製造・販売が進められており、製造元であるストローマン社は国際基準であるISO9001の厳しい規格に適合し、その認証を得ています。

セデーション(静脈内鎮静法)
photo

インプラント手術に対して恐怖心や緊張の強い方や、全身の疾患をお持ちで不安のある方に対して、静脈麻酔薬を用いた鎮静法を行うこともできます。広島大学病院歯科麻酔科の麻酔医の立ち会いのもと行いますので、安心・安全な手術をご提供できます。

患者様からも、手術が楽だった、いつの間にか眠っていた等とご好評いただいております。「インプラントは手術がこわいからしたくないな…」とお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

PRP療法
photo

当院ではインプラント手術時にPRPを使用した再生療法を標準プランで行っております。
PRPとは、多血小板血漿 Platelet Rich Plasma のことで、血小板を濃縮した血液成分です。血小板とは、傷口にできるあの「かさぶた」の成分で、止血作用の他、様々な細胞成長因子を放出することで組織や血管の再生・治癒を促します。PRPをインプラント埋入の際に使用することで、手術部位の腫れや痛みを減らし、顎骨や粘膜の修復を早めることができます。1998年に歯科領域で初めて臨床応用され、最近では美容外科でもその再生能力が認められ、肌の若返りのために使用されております。

☆ 手術直前に患者様から採血し、すぐに清潔操作で作製、
  使用するので、感染の恐れはありません。

☆ 自分の体が本来持っている再生能力を引き出して治療に
  応用しているので、アレルギーや異常反応の恐れはありません。

☆ PRP療法は標準プランですので、手術費用に含まれております。
  追加費用はありません。ただし、宗教上の理由等で
  採血・血液製剤の使用等ができない場合はあらかじめお申し出ください。

生体情報モニター
photo

心電図、心拍数、血圧、血液中の酸素濃度を同時に自動測定し、患者様のお体の状態を知らせてくれます。全身疾患をお持ちの患者様の治療時や、手術時や急変時に使用します。

☆ 小型・充電式のため、院内外を問わず持ち運びできます。

☆ 少ない負担で連続測定が可能で、お体に不安のある患者様が
  安心して治療を受けられるようサポートしてくれます。

☆ お体に異常があればアラームで知らせます。

笑気吸入鎮静法
photo

笑気ガスを酸素と一緒に吸入することで、治療中の鎮静を得る方法です。歯科治療に対して強い緊張、恐怖感がある方や、嘔吐反射が強く治療が困難な方に使用します。高血圧等の全身疾患をお持ちでお体に負担をかけたくない方にもおすすめです。健康保険の適用もあります。
ただし、次に該当する患者様はご使用になれません。

● 鼻呼吸できない方
● 妊娠中の方
● 気胸、腸閉塞(イレウス)、気脳症、耳管閉塞等の疾患をお持ちの方
● 白内障のガス注入手術後、鼓室形成手術後の方
● 極度の興奮状態、暴れるお子様

Q&A
Q1 : インプラント治療の年齢制限
最低16歳以上(骨の成長がほぼ終了)で、医学的、解剖学的に条件がみたされている限りどなたでもインプラント治療を受けることができます。年齢の制限はありません。
Q2 : 糖尿病でも大丈夫?
医師の指導の下に充分コントロールされていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラント手術ができない場合もあります。詳しい病状について診査、もしくはかかりつけ医への問い合わせを経て診断いたしますので、まずはご相談ください。
Q3 : 歯周病でも大丈夫?
歯周病にかかっている方はお口の中の衛生状態の悪い場合が多く、そのままではインプラントを入れることはできません。治療と正しいはみがきを身に付けることで歯周病を治し、それからインプラントを入れます。
Q4 : 治療期間はどのくらい?
一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、使ったインプラントと人にもよりますが6週間~24週間かかります。その後、かぶせものを入れるための期間がかかる場合とすぐに入れることができる場合があります。ITIインプラントの場合はインプラント手術のあと、数週間で上の歯まで入れることができます。(※骨の状態など、様々な条件が良好な場合に限ります。ご相談ください)
Q5 : インプラントはどのくらいもちますか?
インプラントはチタン製でとても丈夫ですので何か問題が起こらなければ半永久的にお口の中で機能します。しかし歯磨きが充分にできないでインプラントの周りに歯垢が付いた状態にしていると天然歯と同様、歯周病のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。このようになったインプラントは抜くしか仕方ありません。インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりとはみがきし、必ず定期健診を受けてチェックと指導をしてもらわなければなりません。
Q6 : インプラント手術は痛いですか?腫れますか?
口の中だけの局所麻酔をしてからインプラントを入れますので、ほとんど痛みは感じません。処置時間はだいたい30~120分くらいです。ただし麻酔が切れてからは傷口の痛みが全くないわけではありません。手術後1~2日痛みや腫れが出る場合がありますが通常すぐに治ります。
Q7 : 手術後の注意は?
1~2日の腫れている間は食事がしづらくなります。また感染しやすい期間でもあります。食事はかたいものを避け、ジュースやスープなどの流動食や栄養バランスに優れたベビーフードなどを摂ってください。当日あるいは翌日くらいまでは多少出血が続きますが強くうがいはしないでください。また口を大きくあけたり、笑ったりするのも避けてください。薬は指示通りにきちんと服用して下さい。はみがきは手術当日はやめ、その後は当院の指示に従ってください。
Q8 : 治療の成功率は?
成功率を分析するために複数の病院で1003人の患者さんに計2359本のインプラントを入れ、8年間に渡って追跡調査した文献報告では、90%以上がまったく何の問題もなく機能し続けております。ひまわり歯科におきましても90%以上は成功し、3人が撤去にいたりましたがその後再植して成功しました。
Q9 : 以前の自分の歯と同じように咬むことができますか?
インプラントは顎の骨としっかりとくっついて丈夫な土台となり、りんご、たくあん、せんべい、あわびの造り、するめなどほとんどの物はしっかりと噛めます。以前の自分の歯以上かもしれません。
ITI Straumann
photo

「インプラントに興味があるけど、他の治療法との違いは?」、「痛みはあるの?」、「費用はどのくらいかかるの?」、「ひまわり歯科でのインプラント実績はどのくらい?」など、インプラント治療に興味はあるけれど、情報不足から、その見極めに苦労されている方が意外に多いと感じております。そこで当院では、インプラント治療に対する無料相談会を随時実施しております。

この相談会では、患者様の率直な疑問やご希望に対し回答させていただき、当院の治療実績などをご覧いただきながら、インプラントを含めた治療の選択肢を正しくご理解いただくためのものです。
お気軽にご相談ください。

ホワイトニング

ホームホワイトニングとは?
photo

自宅で行うホワイトニング(歯を白くする)のことです。
自分の生活ペースにあわせて自宅で簡単にできます。

治療の流れ
1.型をとり専用のトレーを作ります。
2.トレーが完成したら使用できるかお口の中であわせます。
  薬液の使用方法など説明がありホワイトニング開始です。
3.薬液がなくなる頃、色の変化をチェックします。
Q&A
Q1 : ホワイトニングとは?
歯の表面につく茶しぶ(ステイン)ではなく、歯そのものの色を漂白する方法です。
Q2 : 痛くありませんか?
痛みはありせん。ただ薬液の刺激で一時的にしみる症状が出る事もあります。数日たてば自然とおさまってきます。
Q3 : ホワイトニング中気をつけることはありますか?
色が濃い食事や酸性のものを口にすると効果が出にくい場合があります。可能な限り控えていただくことをお勧めします。
Q4 : どのくらいの期間するものですか?
1日約2時間です。それを液がなくなる約2週間続けます。
Q5 : ホワイトニングが出来ない人はいますか?
妊娠中の方、授乳中の方、小児は使用することができません。また治療していないむし歯がある方は治療が終わってからをお勧めしています。(前歯の場合は例外もあります)

審美歯科

photo

金属を使わないセラミックだけで出来ており、金属アレルギーの方でも安心してご使用頂けます。より自然な色合いと形を再現し、変色もありません。当院では詰め物タイプ、被せ物タイプの2通りを取り扱っております。
また、(根の中の)土台に光を通すファイバー製のものを使用することにより、透明感のある健康的な白い歯の輝きで天然歯に近い美しさを保ちます。

photo

金属の上にセラミックを焼き付けたもので、強度に優れています。プラスチック製の被せ物とは異なり、すり減らず変色もありません。また、(根の中の)土台にゴールド(金)を使用し、より高い適合性を実現しました。

photo

セラミックの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用しています。プラスチックのつめものよりも、より永く白く美しい歯を保つことが出来ます。

※ その他にも審美性を高める様々な診療メニュー
  がございます。お気軽にご相談ください。

矯正歯科

子どもの矯正治療・大人の矯正治療

矯正治療とは虫歯や歯周病のように病気を治すものでなく、虫歯や歯周病になりにくい歯並びをつくったり、健康な身体やステキな笑顔で明るく楽しい日常を送るためのひとつの手段です。
現在ひまわり歯科では矯正専門医に月に2回来ていただく矯正日を設けています。

正しい歯並び・かみ合わせ

正しい歯並びはきれいな放物線を描き、かんだ時上の前歯が下の前歯に2mm程度覆いかぶさり、奥歯の山と谷がしっかりかみ合っています。

photo
悪い歯並び・かみ合わせ
photo
歯並び・かみ合わせが悪いことで起きる弊害
  • 歯が重なって磨きにくい部分は虫歯や歯周病になりやすい。
  • 隙間から息が漏れたり、正しい舌の動きができないため発音がおかしくなることもある。
  • あごに負担がかかると顎関節症になるとこもある。
  • 食事をよくかむことができずに飲み込むことで胃腸に負担がかかりやすくなったり、肥満を引き起こすこともある。
  • かみ合わせが悪いことで姿勢が悪くなったり、肩こりや頭痛などの症状がでることもある。
  • きちんと食いしばる事ができず、運動能力が低下しがちになることもある。
  • 鼻の通りが悪く口呼吸になり、舌が乾くことで味覚障害起こったり、ホコリや花粉なども直接のどから体内への侵入をしやすくするので、風邪を引きやすくなったり喘息やアレルギー発作が起きやすくなることもある。
  • 悪い歯並びが劣等感になり、口を開けて笑えない、笑顔に自信が持てないなど心理的に悪い影響を与える場合もある。
子どもの矯正治療・Ⅰ期治療

子どもの矯正治療はただ歯を動かすだけではありません。

大人の骨格に成長する前にあごの骨を拡大したりして骨格の大きさや形を改善することができます。

乳歯と永久歯の生え変わりの時期に歯並びが悪いと成長するにつれてさらに悪くなることがあります。そして悪くなればなるほど治療が難しくなったり、健康な歯を抜いて治療しないといけなくなってしまうこともあります。

つまり、子どもの矯正治療では土台となっている骨格の問題を解決して、成長の軌道修正をし、骨格の問題が大きくならないようにすることが大切です。

そして成長終了後、歯並びの仕上げ治療で1本1本の歯をきれいに並べていきます。大きな問題が子どものうちに取り除かれているのでより簡単により良いゴールへと仕上げることができます。

このように2段階の治療を行うことで、抜歯や外科的矯正治療が必要になる確率が低くなります。また、子どもの矯正治療だけですむラッキーなケースもあります。

photo
大人の矯正治療・Ⅱ期治療

大人の矯正治療には年齢制限はありません。歯の周りの骨や歯ぐきがしっかりしていれば何歳からでも治療可能です。

大人の場合、あごの骨や歯の周りの骨の大きさも形もすでに完成しているので、その大きさを変えたい場合には外科手術が必要になることがあります。手術をしない場合には骨の大きさのアンバランスはそのままで、歯を移動させて問題を解決することになるので、場合によっては抜歯が必要になることもあります。

photo
治療の流れ
photo
1.無料相談(約30分)
矯正専門スタッフより治療の必要性、適切な開始時期、予測される装置、治療期間および費用の概略についてお話します。歯並びの悩みや心配事、矯正治療の疑問などお気軽にご相談ください。小中学生、高校生の方は、保護者の方とご来院ください。治療を進めるかどうかは相談の後よく考えて決めて下さい。
2.検査(約60分)
レントゲン、口や顔の写真撮影、歯の型どりなどを診断に必要な検査をします。
検査費用は15,750円(税込み)です。
3.診断・治療計画の説明(約30分)
検査の結果をもとに今の歯並びの状態を診断し、使用する装置や矯正にかかる費用、期間など治療計画をお話します。診断費用は7,350円(税込み)です。治療を始めるかどうかはじっくり考えて決めて下さい。
4.治療開始・通院
装置の準備、装着をします。装置が入ったはじめ、装置の調整をしてすぐは痛みが出ますが、しだいに慣れていきます。だいたい1、2ヶ月に1度のペースでの通院となります。(装置の種類や治療の進み方によりもう少し間隔があくこともあります。)
5.矯正終了・保定
歯並び、かみ合わせが整えば装置をはずします。しかし装置をはずしてすぐは歯が元の位置に戻ろうとするので、それを防ぐための保定を行います。保定はリテーナーという取り外し式の装置を作り、年に数回の通院となります。
Q&A
Q1 : 痛みはありますか?
装置が入ってすぐ、装置の調整をしてすぐは痛みがあります。始めは痛くて食事がかめない事もありますが、数日から1週間程度で落ち着いてきます。
Q2 : 治療期間はどのくらいですか?
お口の中の状態や歯の動き方により個人差がありますが、現在治療中の方では子どもの矯正治療は大人の矯正治療は2年~3年程度となっています。
Q3 : 目立たない装置もありかすか?
表側につける装置の白いタイプも用意してありますし、歯の裏側につける装置の場合は表からは見えることはありません。
Q4 : 装置をつけると虫歯になりませんか?
装置の隙間に食べかすなどが挟まりやすいので歯磨きが上手にならないと虫歯ができてしまうこともあります。
ひまわり歯科では装置が入ったら歯磨き指導を受けてもらうことにしています。ご希望の方は矯正治療とは別に歯のクリーニングのご予約をしていただくこともできます。
Q5 : 治療費はどのくらいかかりますか?
お口の中の状態や使う装置の種類により個人差がありますが、現在治療中の方では
子どもの矯正治療 20~30万円
大人の矯正治療 50~60万円
(子どもの矯正治療から続けてされる場合は20~30万円)
Q6 : 費用は一度にすべて払わないといけませんか?
一括、分割、カード払いができます。
治療契約金のほかに治療毎3,150円から~5,250円調整料がかかります。

義歯(入れ歯)

photo

装着感がよくしっかりかめる入れ歯で、食べる楽しさ・食事の喜びを。

入れ歯について次のような悩みはございませんか。
● 見た目が悪い、金属のバネやワイヤーが気になる…
● 入れ歯が厚く、違和感が大きいため、装着したくない…
● はずれやすい、噛めない…

自費治療での入れ歯は、性能の良い材料を使い、時間と回数をかけて製作していくため、保険適応の入れ歯より薄い形が可能で違和感や痛みが少なく、患者様一人ひとりのお口に合った「オーダーメイドの入れ歯」を作ることができます。
また、入れ歯の種類によっては、金属のバネがなく入れ歯を装着していることに気づかれにくいです。

治療の流れ
1.診査・診断
現在のお口の状況を診察し、装着可能な入れ歯の種類をご提案いたします。必要であれば、最初の歯並びの型どりをします。
2.前処置
入れ歯を作製する前に必要な治療を行います(使用中の入れ歯の調整・修理や、残っている歯の治療など)。
3.型どり
お口の大まかな型どりをして、精密に型どりするために一人ひとりのお口の形に合った器具を作製します。
4.精密な型どり
歯ぐき、歯並び、舌、頬の形を再現するために、お口にぴったり合った器具で型どりをします。場合によりこれを繰り返します。
5.かみ合わせの記録
精密に作られた模型から専用の器具を作り、上下のあごのかみ合う時の位置を記録します。
6.仮合わせ
人口歯を並べた仮の入れ歯を合わせてみます。実際にお口に入れた時にかみ合う位置をさらに正確に記録します。歯並びの見た目や並べ方もチェックします。患者様が納得される入れ歯を目指すために、最終的な形を決めるまでこれを繰り返します。
7.完成
出来上がった入れ歯をお渡しし、使用していただきます。
8.調整
実際に使用した際のご要望に沿って微調整をいたします。
Q&A
Q1 : 自費の入れ歯は、保険の入れ歯よりお口に合うの?
保険診療では、決められた材料で、決められた手順で作らないといけないので、出来上がる入れ歯の質には限界があります。自費の入れ歯は、基本的な作製技術は共通なのですが、必要な材料・手順に制約がなく、患者様の悩みをしっかり聞き、相談しながら時間をかけて一人ひとりのお口に合った「オーダーメイドの入れ歯」が出来上がります。入れ歯が合いやすく、薄い形のため違和感も少ないです。
Q2 : どのくらいもつの?メインテナンスはいらないの?
患者様のお口の状態や入れ歯の使用方法など異なるので一概にお答えすることはできませんが、定期的なメインテナンスや点検・調整を行うことで、長期間お使いいただくことが可能です。入れ歯だけではなく、残っている歯も定期的に検診を行います。また、徐々にあごの骨がやせてきた場合などは入れ歯が合わなくなってきますので、調整いたします。
Q3 : インプラントと入れ歯、どっちがいいか迷っています…
インプラントは直接あごの骨に人工歯根を埋め込んで人口歯をかぶせる治療法ですが、外科手術が必要で、あごの骨が非常にやせている方など手術不可能なケースがあります。ただし、はめはずしの面倒はありません。入れ歯は残っている歯にひっかけたり、あごの粘膜に吸着させて使用するので、基本的にどの患者様でも使用することができますが、やはり使用が不可能な場合もあります。インプラント数本を固定源として総入れ歯を安定させる方法もあります。残っている歯の本数などのお口の状態でそれぞれの治療法の利点・欠点が変わってきますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。
Q4 : 歯を抜いて入れ歯を作る場合、入れ歯が出来るまで歯がない状態ですか?
入れ歯ができるまでは見た目が気になりますよね。使用中の古い入れ歯がある場合は、それを修理して応急的に使えるようにすることができる場合があります。古い入れ歯もない場合は、あらかじめ作製しておいた応急的な入れ歯(即時義歯)をすぐに装着し、歯を抜いた部位が治るまで使用していただくことが可能です。
Q5 : 他医院で何回も入れ歯を作り変えても結局合わずに困っているのですが…
すぐに新しい入れ歯を作製してしまうと、また入れ歯が合わず同じ結果になるかもしれません。まずは使用中の入れ歯を修理・改善して問題点を解消しながら、新しい入れ歯の形についてよく検討し、それから最終的な入れ歯の作製を開始いたします。時間はかかりますが、完成後の入れ歯が合いやすくなります。患者様のご希望を形にしていきます。
PAGETOP