ひまわり歯科 医療法人 湧泉会

障がい者歯科

身体機能、知能、あるいは精神機能に障がいがあるために、通常の歯科保健や治療に適応するのが困難な人を対象とした科目です。
日本の障がい者は、身体障がい351万人、知的障がい45万人、精神障がい258万人の合計655万人にものぼり、これは全人口の5%に相当します(2002年データ)
多くの場合、障がいを持つ方々が歯科を受診する際は、大学病院や総合病院の中の歯科や、公的な歯科診療所などの専門施設で受診されておられます。

ひまわり歯科では、これらの専門施設と連携を図りながら、地
域の皆さまの身近な場所で、一般歯科を受診されるご家族の皆さまとご一緒に受診頂けるよう、広島大学病院障がい者歯科で研修を積んだ歯科医師、並びに必要設備を整えております。
歯科治療が必要だが、専門施設は遠くて継続して通えないといった、受診困難な患者様に対して、少しでもお役に立てればと考えております。
また同時に、障がいを持つ方々にとって歯科がもっと身近になるように行動を起こしていくことが、私たちの使命であるとも感じております。

当院は日本障害者歯科学会臨床研修施設に認定されており、障がい者歯科のできる歯科医師や歯科衛生士を育成する機関として研修を行い、患者様により安心して満足していただけるよう活動しております。

副院長・障がい者歯科部門部長 樋山めぐみ

知的障害、自閉症、ダウン症、発達障害、身体障害、脳性麻痺などの患者様の診療を行っております。また、虫歯・歯周病治療だけではなく、「食べる機能(摂食嚥下)」の診断やリハビリを行っております。お口から食べる喜びを応援いたします。さらに、管理栄養士が栄養相談や調理アドバイスを行うこともしています。こだわり行動による偏食をすることの多い自閉症の子の保護者様などから好評です。歯科治療・摂食嚥下リハビリ・栄養相談は、診療室に来ていただくだけでなく、お家に伺う訪問診療を行うことが可能です。
■療育手帳をお持ちの患者様(A○、A、B○、Bの区分は問いません)
■障がい者手帳をお持ちの患者様
※患者様の体調や状態を考慮して治療を提案します。
※患者様の状態や治療内容によっては一旦、広島大学病院などの専門機関に紹介させていた
 だくことがあります。
患者様、患者様のご家族、介護者の方から、
障がいの種類、程度、注意事項、他科の受診状況、服薬状況等の
問診を行い、歯科治療の計画を立てます。
障がいの種類に応じた方法を利用しながら、 検診、治療、メインテナンスを行います。

■行動変容法 歯科治療にスムーズに入って行くために、歯ブラシなどの身近なものからトレーニングを行う方法です。

■ 笑気吸入鎮静法 笑気ガスを吸うことでリラックスした状態で治療を受けていただく方法です。脳性麻痺の方の筋の緊張を和らげたり、強い嘔吐反射を和らげたりする効果もあり、より快適に治療を受けていただくことができます。

■ 専用待合室 障がい者歯科専用の待合室を完備しております。一般の待合室とは別室ですので、周囲に気兼ねなく時間を過ごせます。また、第2駐車場からすぐに入れるスロープ付き入り口があり、じっとするのが苦手な方や車いすの方の介助者様から好評です。

■ 半個室と完全個室 安心した空間で治療を受けていただけるよう、完全個室を備えております。ただし、安全確保の観点から、敢えて半個室の診療台を使用する場合もございます。その場合でも出来るだけ他の診療台からの音や、視覚情報を少なくし、落ち着いた空間で治療を受けていただけるよう心掛けております。また、付き添いの方も周りの視線が気にならないように最大限の配慮をお約束いたします。

■ 絵カード 視覚からの情報伝達が優位と言われる自閉症の方などに、言葉かけに加えて絵カードを使った説明をすることで、スムーズに治療ができることがあります。

■ TSD法 使う道具をTell(言葉で説明)、Show(実際に見せる)、Do(動かす)ことで、歯科の道具に対する不安感を減らす方法です。

■ 全身麻酔 通常の歯科治療が難しい場合は、全身麻酔下での歯科治療を選択することもできます。当院には日本歯科麻酔学会認定医が在籍(副院長 西中村亮)しており、広島大学歯科麻酔科の協力の下、安全の治療が行える環境を整えております。

症例

簡単な会話を理解することはできますが、自分の気持ちを言葉で伝えることが難しい方でした。
子供の頃に、むし歯予防のため障がい者専門の歯科にしばらく通われたそうですが、ほかの患者様が押さえられて治療されているのを見て、怖がって歯科に行けなくなったそうです。
今回、歯に穴があいているのを見つけて来院され、むし歯治療を行いました。
幸いほかのむし歯はありませんでしたので、現在は定期的なメインテナンスを行っています。
今後学校を卒業され、社会に参加してある程度自立した生活を送るために、地元で通いやすいかかりつけの歯科を持たせてあげたいという保護者の方の気持ちに応えられるよう私たちも努力いたします。
最初は大学病院にかかられ、必要な抜歯やむし歯の処置は大学病院で行われました。
大学病院に初めてお越しの際は意志の疎通もままならず、口腔内は大きなむし歯がたくさんあり、痛みを訴えていらっしゃいました。
歯医者は嫌だとおっしゃりながらも数年に渡る治療をがんばってくださり、口の中の状態はかなりよくなりました。身体のリハビリの成果も現れ、あいさつや簡単な会話もできるようになりました。
メンテナンスに入るにあたり、ご自宅から大学病院よりひまわり歯科の方が近い為、ひまわり歯科で継続して診させていただくことになりました。今では歯医者に来るのが楽しみになっているとおっしゃってくださいます。
検診のため当院にお越しになられました。
自閉症の特徴として、言葉で説明するよりも視覚的な情報の方が受け入れられやすい、パターン化されたことはできるというものがあります。
日常生活では絵カードを用いて、何をするかを説明しておられるとのことでしたので、当院でも絵カードを用いて検診の流れを見ていただきながら、検診を行いました。
初めての場所に戸惑い時々泣きそうになりながらも、一生懸命絵カードを理解して歯みがきや口腔内診査を受けて下さいました。
まずは歯科医院に通う習慣づくりのために、絵カードを用いた診察と歯科器具を使うことのトレーニングを継続して行っています。