ひまわり歯科 医療法人 湧泉会

到達目標

「基本習熟コース」については、研修歯科医自らが確実に実践できることが基本であり、臨床研修終了時、習熟すべき「基本習得コース」については、頻度高く臨床において経験することが基本である。

1.歯科医師臨床研修「基本習熟コース」
【一般目標】
個々の歯科医師が患者の立場に立った歯科医療を実践できるようになるために、基本的な歯科診療に必要な臨床能力を身に付ける。
1 医療面接

【一般目標】 患者中心の歯科診療を実施するために、医療面接についての知識、態度及び技能を身に付け、実践する。

  • 【行動目標】
  • ①コミュニケーションスキルを実践する。
  • ②病歴(主訴、現病歴、既往歴及び家族歴)聴取を的確に行う。
  • ③病歴を正確に記録する。
  • ④患者の真理・社会的背景に配慮する。
  • ⑤患者・家族に必要な情報を十分に提供する。
  • ⑥患者の自己決定を尊重する。(インフォームドコンセントの構築)
  • ⑦患者のプライバシーを守る。
  • ⑧患者の心身におけるQOL(Quality of Life)に配慮する。
  • ⑨患者教育と治療への動機付けを行う。
2 総合診療計画

【一般目標】効果的で効率の良い歯科診療を行うために、総合治療計画の立案に必要な能力を身に付ける。

  • 【行動目標】
  • ①適切で十分な医療情報を収集する。
  • ②基本的な診察・検査を実践する。
  • ③基本的な診察・検査の所見を判断する。
  • ④得られた情報から診断する。
  • ⑤適切と思われる治療法及び別の選択肢を提示する。
  • ⑥十分な説明による患者の自己決定を確認する。
  • ⑦一口腔単位の治療計画を作成する。
3 予防・治療基本技術

【一般目標】歯科疾患と機能障害を予防・治療・管理するために、必要な基本的技能を身に付ける。

  • 【行動目標】
  • ①基本的な予防法の手技を実施する。
  • ②基本的な治療法の手技を実施する。
  • ③医療記録を適切に作成する。
  • ④医療記録を適切に管理する。
4 応急処置

【一般目標】一般的な歯科疾患対処するため、応急処置を要する症例に対して、必要な臨床能力を身に付ける。

  • 【行動目標】
  • ①疼痛に対する基本的な治療を実践する。
  • ②歯、口腔及び顎顔面の外傷に対する基本的な治療を実践する。
  • ③修復物、補綴装置等の脱離と破損及び不適合に対する適切な処置を実践する。
5 高頻度治療

【一般目標】一般的な歯科疾患対処するため、高頻度に遭遇する症例に対して、必要な臨床能力を身に付ける。

  • 【行動目標】
  • ①齲蝕の基本的な治療を実践する。
  • ②歯髄疾患の基本的な治療を実践する。
  • ③歯周疾患の基本的な治療を実践する。
  • ④抜歯の基本的な処置を実践する。
  • ⑤咬合・咀嚼障害の基本的な治療を実践する。
6 医療管理・地域医療

【一般目標】歯科医師の社会的役割を果たすため、必要となる医療管理・地域医療に関する能力を身に付ける。

  • 【行動目標】
  • ①保険診療を実践する。
  • ②チーム医療を実践する。
  • ③地域医療に参画する。
2.歯科医師臨床研修「基本習得コース」
【一般目標】
生涯にわたる研修を行うために、より広範囲の歯科医療について知識、
態度及び技能を習得する態度を養う
1 救急処置

【一般目標】歯科診療を安全に行うために、必要な救急処置に関する知識、態度及び技能を修得する。

  • 【行動目標】
  • ①バイタルサインを観察し、異常を評価する。
  • ②服用薬剤の歯科診療に関連する副作用を説明する。
  • ③全身疾患の歯科診療上のリスクを説明する。
  • ④歯科診療時の全身的合併症への対処法を説明する。
  • ⑤一次救命処置を実践する。
  • ⑥二次救命処置の対処法を説明する。
2 医療安全・感染予防

【一般目標】円滑な歯科診療を実践するために、必要な医療安全・感染予防に関する知識、態度及び技能を習得する。

  • 【行動目標】
  • ①医療安全対策を説明する。
  • ②アクシデント及びインシデントを説明する。
  • ③医療過誤について説明する。
  • ④院内感染(Standard Precautionsを含む。)を説明する。
  • ⑤院内感染対策を実践する。
3 経過評価管理

【一般目標】自ら行った治療の経過を観察評価するために、診断及び治療に対するフィードバックに必要な知識、態度及び技能を習得する。

  • 【行動目標】
  • ①リコールシステムの重要性を説明する。
  • ②治療の結果を評価する。
  • ③予後を推測する
4予防・治療技術

【一般目標】生涯研修のために必要な専門的知識や高度先進的技術を理解する。

  • 【行動目標】
  • ①専門的な分野の情報を収集する。
  • ②専門的な分野を体験する。
  • ③POS(Problem Oriented System)に基づいた医療を説明する。
  • ④EBM(Evidence Based Medicine)に基づいた医療を説明する。
5 医療管理

【一般目標】適切な歯科診療を行うために、必要となる広範囲な歯科医師の社会的役割を理解する。

  • 【行動目標】
  • ①歯科医療機関の経営管理を説明する。
  • ②常に、必要に応じた医療情報の収集を行う。
  • ③適切な放射線管理を実践する。
  • ④医療廃棄物を適切に処理する。
  • ⑤カルテを使用した医療管理について研修を行う。
6 地域医療

【一般目標】歯科診療を適切に行うために、地域医療についての知識、態度及び技能を習得する。

  • 【行動目標】
  • ①地域歯科保健活動を説明する。
  • ②歯科訪問診療を説明する。
  • ③歯科訪問診療を体験する。
  • ④歯科連携を説明する。
3.特別研修
本院では、一年を通して以下の項目の習熟を目指す。
1 一般社会人マナー学習

【一般目標】歯科医師の前に一般社会人としての必要なマナーを習得する。

  • 【行動目標】
  • ①一般社会人として必要な身だしなみや態度を確認する。
  • ②状況に応じた会話の使い分けを学習・習得する。
  • ③地域異業種との交流を深め、地域コミュニケーションを学ぶ。
2 全身管理

当院では、全身管理を学習し、歯科診療を安全に行うために必要な救急処置に関する知識・態度・技術を身につけるために、月に一度院内での研修を行う。
研修内容は以下の通りである。

  • ・全身管理を要する患者の治療・管理に、担当医チームの一員として参画する。
  • ・指導歯科医とともに、治療計画、患者説明、手術周術期管理、担任指導を行う。
  • ・静脈内鎮静法患者の麻酔・全身管理担当として、治療計画、患者説明、麻酔管理、周術期管理を行う。
プログラム修了の認定
歯科医師臨床研修管理委員会は、プログラムの評価項目についての研修歯科医の自己評価法及び
指導歯科医による客観的評価に基づき、当初の到達目標に至ったか否かを評価し、
最終的に管理者が修了証を授与する。
プログラム責任者の氏名
岡本 佳明
医療法人社団 湧泉会 ひまわり歯科 院長
施設概要
1.管理型臨床研修施設
1)施設 医療法人社団 湧泉会 ひまわり歯科
2)所在 広島県安芸郡海田町昭和中町2-38
3)開設 医療法人社団 湧泉会
4)管理 院長 岡本 佳明
5)研修プログラム責任 院長 岡本 佳明
6)指導歯科 副院長 西中村 亮
副院長 樋山 めぐみ
副院長 前川 友紀
7)事務担当 医事課 大井 紀果
8)施設の概
(平成30年4月1日現在)
歯科医数 : 常勤 8名 非常勤 7名
ユニット・チェアー数 : 20台
9)施設の特 平成11年1月 医療法人社団 湧泉会
ひまわり歯科開設
HP URL:http://www.himawari-sika.com
2.協力型施設
施設名 所在地 研修実施責任者
医療法人社団秀和会 つがやす歯科医院 北海道帯広市西10条南9丁目5-5 栂安 秀樹
医療法人 仁和会 カナザキ歯科 愛媛県松山市南梅本町甲
878番5号
金﨑 伸幸
医療法人社団けんこう会 つだ歯科 兵庫県姫路市飾磨区英賀清水町
1丁目25番地
津田 賢治
医療法人誠仁会りょうき歯科クリニック 大阪府東大阪市森河内西1-16-3 領木 誠一
プログラム管理運営体制
歯科医師臨床研修管理委員会を設置し、プログラムの管理運営を行う。
① 歯科医師臨床研修管理委員会の名称と構成
ひまわり歯科 歯科医師臨床研修管理委員会
院長 岡本 佳明
副院長 西中村 亮
副院長 前川 友紀
副院長 樋山 めぐみ
歯科衛生士チーフ 石井 千晶
事務担当 大井 紀果
協力型施設の
研修実施責任
栂安 秀樹(医療法人社団秀和会 つがやす歯科医院)
金﨑 伸幸(医療法人仁和会 カナザキ歯科)
津田 賢治(医療法人社団けんこう会 つだ歯科)
領木 誠一(医療法人誠仁会 りょうき歯科クリニック)
外部委 佐々木 義幸(一般社団法人 歯科業務標準化機構)
宮田 佳奈(武井法律事務所)
市川 知美(広島女学院大学 人間生活学部 管理栄養学科)
田口 則宏(鹿児島大学病院 歯科総合診療部)
② 歯科医師臨床研修管理委員会の業務
歯科医師の卒後の臨床研修における重要事項を審議決定する機関として、歯科医師臨床研修管理委員会を置く。歯科医師臨床研修委員会は、当院の院長を委員長とし、副院長のほか、歯科医師チーフ、歯科衛生士チーフ、事務担当者より構成し、円滑かつ効果のある臨床研修を行うため。毎年9月および3月に歯科医師臨床研修管理委員会を開催し、研修評価を行い、それに基づいて研修プログラムを協議、計画を立て必要な修正を行う。更に、歯科医師臨床研修管理委員会では、臨床研修の指導、監督及び到達目標への達成度、採用、中断、修了の評価等についても具体的に検討するものとする。
③ 研修指導体制と医療事故への対応
単独型研修施設及び研修協力施設における指導歯科医のもとで、基本的な知識、手技並びに全身的な治療管理を習得させる。また、医療事故への対応については、診療に関わる医療事故の主たる原因は主治医が負うが、研修歯科医は受け持ち医として重大事故発生の場合は直ちに指導歯科医に連絡し、その指示を仰ぐものとする。

研修医募集に戻る